Blog

2022/04/01 14:27




季節の変わり目で発生する肌トラブル。

皮膚は人体最大の臓器と言われていて、
環境にモロに反応します。

この時期、中でも特に気になるのが乾燥肌。


乾燥肌の要因というのは、

加齢による皮脂や水分不足、
バリア機能の低下、季節、湿度、
ライフスタイル、微量栄養素の欠乏など、


様々な要因があり、
どれか1つに限った話しではなく
組み合わさっていることも多々あります。


これら原因を全て排除するのは
物理的に難しいですが、

少なくともビタミンやミネラル、
その他の栄養素の不足ということに関しては、

自分である程度コントロールすることができる。


そこで、乾燥肌にとって
強い味方となってくれる栄養素として



■ビタミンB群

保湿というと意外と見落とされがち。でも
乾燥肌にとって非常に効果的なビタミンB群。

乾燥肌に効果的なことはもちろんのこと、
脳機能、消化機能、エネルギーレベルまで

健康的に機能するように
サポートしくてれる。


ビタミンBが不足すると、
乾燥、にきび、赤み、唇のひび割れ、
発疹、炎症、乾燥した斑点などが発生します。


ビタミンBの貯蔵タンクは比較的小さいため、
毎日補充し続ける必要があります。

ビタミンBには本当に多種多様な皮膚への
悩みをケアしくれる、女性にとって強い味方です。

中でも、最も重要な2つの役割として
”細胞の再生”と”ストレス解消”が挙げられます。

ビタミンB群については、下記の記事が
理解に役立ちます。




■ビタミンD

骨、筋肉、免疫系、皮膚など
人間活動を行う上で、全体的な健康にとって
非常に重要になってくるビタミンD。

サンシャインビタミンと言われているのは
ビタミンDは太陽の光からとることができるから。

炎症を軽減し、細胞の代謝回転速度(細胞の死滅速度)
を遅くしてくれ、乾癬の効果的なケアとしても有名です。

ビタミンEは、ビタミンCと同様に、
乾燥、小じわ、バリアの低下、
肌の老齢化進行に繋がる細胞の錆び付き、
フリーラジカルによる損傷と戦うのに役立つ
強力な抗酸化物質です。


実際に、ビタミンDレベルと
角質層の水分補給とは相関関係にあることが
研究でも示唆されている。



■ビタミンC

肌の構造をサポートするコラーゲンの生成、
皮膚細胞の再生に貢献。

損傷した皮膚細胞を修復し
治癒過程を早めてくれる。

乾燥肌の保護、創傷治癒や炎症の抑制、
シワの軽減、UVからの保護。

ビタミンCは乾燥肌にも効果的であり、

ビタミンCの不足はシワ、水分不足、
肌の老化進行を速めてしまう。

お肌のバリア機能が弱体化している時、
水分喪失レベルが上昇します。

ビタミンCは肌の最上層(表皮)と
より深い層(真皮)にあります。

水分保持、喪失しないように
サポートをしてくれる機能があります。


■ビタミンE

ビタミンB、C、Dと並んで、
肌を乾燥から守ってくれるのがビタミンEです。

皮膚の重要な構成要素であり、
皮膚のバリア機能を強化してくれる。

ビタミンEは、ビタミンCと組み合わされば

それぞれのビタミンの強度を
上げることができるとされています。

ビタミンEは、皮膚科では
50年以上も使用されてきた
重要な脂溶性抗酸化物質です。

また抗酸化剤として機能してくれ、
皮膚を乾燥させる細胞の錆び付き、
フリーラジカルと戦ってくれるので
老化肌への進行を食い止めてくれる。

またビタミンEは、皮脂の生成を促進してくれ、
肌の水分損失を防ぎ、水分補給してくれる。

また日焼けによるダメージを軽減したり、
天然の日焼け止めとしても機能してくれ、

肌の外層にあるので、太陽からの放射を吸収し、
フィルターとして働き、
肌に浸透しないようにしてくれます。



■亜鉛

体が健康であるために必要なミネラルです。

免疫システムをサポートする酵素を
サポートしてくれる。

DNAとRNAの調節を正常におこない、
免疫系を正常に機能させて、
傷の修復を助ける。

亜鉛は抗炎症作用があることが
証明されているミネラルです。

乾燥、乾燥からくるかゆみや発疹、
炎症、ニキビを防ぐ。

また強力な抗菌性と抗酸化性を持ち、
皮膚の慢性炎症を軽減するのに役立ちます。



■コラーゲン

コラーゲンは、体内で最も重要な
タンパク質の1つであり、
皮膚の大部分を占めている、
皮膚の主要な構造成分です。

お肌の乾燥肌に効果的で水分保持力、
弾力性の向上に役立ち、
ハリや潤いに関連しています。


■ヒアルロン酸

スキンケア成分として有名なヒアルロン酸。

乾燥肌に効果的で、水分を補給し、
保持力を高め、喪失を防ぐ。


■セラミド

こちらもスキンケアでは有名な成分。

お肌のバリアの約50%を構成する脂質です。
お肌の水分保持力を高めてくれ、保湿力を高めます。

水分喪失を防ぎ、乾燥肌や
乾燥ニキビ、シワ、かゆみ、炎症を軽減。


■プロバイオティックス

皮膚と腸内に生息する善玉菌、
微生物のこと。ビフィズス菌なんか有名。

これら善玉と悪玉の微生物叢の
アンバランス、善玉菌の破壊や不足は、

皮膚と腸の両方で炎症が起き、

それがトリガーとなって炎症からくる
乾燥、ニキビ、湿疹、皮膚の早期老化へと
繋がるリスクが高まります。

腸のトラブルが起こっているシグナルは
直ぐに皮膚へと表面化します。
またその逆もしかり。これら繋がっています。


被験者にラクトバチルスプランタルム菌を
毎日投与すると、8週間後に皮膚バリア機能と
水分補給が促進されるという研究も出ています。



■オメガ3

私達になくてはならない脂肪酸。
必須脂肪酸。それがオメガ3。

体内では生成できないので
外部から摂取するしかありません。

・コラーゲンの生成を促進してくれる
・お肌へ水分を補給してくれバリア機能を高め水分喪失を防止
・筋タンパク質の合成を増加させるから筋肥大に有効
・皮脂の生成を調節し、オイルコントロール作用

乾燥肌、乾燥からのニキビ、シワ、湿疹、
炎症を軽減してくれる。




お肌は臓器:内臓であるという意識を持つ。

内臓を健康的に稼働させるには
上記の栄養素や成分が必須になってきます。


これらが不足している現代の私達。

お肌がザルのような状態。


いくら高価なハイテク成分を使おうが
そりゃお肌がよくならず、乾燥肌も
進行しちゃうって話。


あらためて基本に立ち返り、
まずは、必要な栄養素を持つってことから
はじめてみること。


あなたはお肌の乾燥で本当にお悩みですか?



そんな私達に足りない栄養を
簡単に補給してくれるのにお勧めなのが
下記になります。

良かったら、乾燥肌対策のスキンケアルーチンに
組み入れてみてください。




おあとがよろしいようで。
今日はここまで。
おしまい。

Good virtues(グッドバーチューズ)