Blog

2022/01/01 09:00



皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

皆さまに役に立つ情報、有益な
コンテンツをご提供できるよう、
日々精進して参ります。

今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今年も張り切ってまいりましょう。


この冬期期間中、あなたは
何をしていますか?

旅行したり、帰省したり、
初詣に行ったり、家でゴロゴロしたり、
飲みまくって食べまくりなど

色々な過ごし方があると思う。


何もしないという時間も
時には必要です。

あっという間に
時間は過ぎ去ります。

心身ともに休め、昨年度の疲労を
ケアしつつも、

可能であれば、静かな場所で、
リラックスしながら、

昨年を振り返り、それを
今年に活かすべく、

内省する時間を確保し、

自分の内側に焦点を当て、

本当の自分になる時間を作ってみるのも
悪くないのでは。

そこで、


■うまくいったことについての考察

1)昨年、何がうまくいきましたか?
何が上手になりましたか?何が成功できましたか?

昨年度のうまくいった実績を書きこみ、
そして、うまくいくように改善させたポイント
「この部分をこのように見直したらうまくできた」等あれば
言語化し、具体的に教えてください。


2)昨年、何があなたに喜びをもたらしましたか?
→なぜ、そう思うのですか?

3)昨年の最高の経験は何でしたか?
→なぜ、そう思うのですか?

4)昨年、どんな時が最も「生きている」と感じましたか?
→なぜ、そう思うのですか?

5)昨年、一番幸せだったのはいつですか?
→なぜ、そう思うのですか?
どうすればその瞬間をより頻繁に体験できますか?

6)昨年から最も誇りに思っていることは何ですか?
→なぜ、そう思うのですか?



回答は順不同でも構いません。

また一部、回答が重複しても構いません。


これら1~6の各質問の回答が
浮き彫りになったら、

7)どのようなツール、サポート、または
リソースがあなたの成功を助けてくれたのですか?
これらのことについて何が役に立ちましたか?


昨年に、うまくいったこと、
生きがいに感じたことを明確にし、
それができた要因を具体的に探る作業ですね。

その成功要因を今年にも
活かせるようにするためにも
言語化しておくことが大事になってきます。



■課題を浮き彫りにさせる考察

1)昨年は、何がうまくいかなかったのか?
そうなったのには、何が欠けていると思った?

2)1)で出た課題を軽減させるための自分に
必要なことについて、
どのような洞察、気づきを得て、
何を感じましたか?

そこで得た教訓は何ですか?
何を学びましたか?

将来、自分に必要としているニーズを、
どこで、どのようにして満たし、
埋めていくことができますか?

課題をクリアするために、
足りない部分や必要とする部分に気付き、

その差をどのようにして埋めていけばいいですか?
その差を埋めるには、どういうステップを
踏めばいいですか?



■感謝の振り返り

・昨年、うまくいったこと、成功したこと、
達成できたことは、自分ひとりの力ではありません。

誰の、何が、支えとなり、
その成長を助けてくれましたか?

誰の、何があったからこそ
それが成し遂げられたのですか?

誰の、何があったからこそ、
現時点に到達することを可能にしてくれたのですか?


直接的にお世話になって関わった人でも
もちろんいいですが、

影ながらの人こそが、
その達成になくてはならない人かもしれない。

あなたの達成を
影ながら支えてくれていた人は誰ですか?


・昨年、あなたが経験したことで、
どのような経験に感謝していますか?

そして、その感謝の気持ちを、
どのように表現できますか?


・昨年、最も感謝したことは何ですか?

・ 今、私が感謝している5つのことは何ですか?

・ 私が最も感謝している人は次のとおりです。 

・私が昨年他人のためにしたことは次のとおりです。

・ 私が今の人生で、恵まれていると感じるものは次のとおりです。



■ 2022年に何をしますか?

目標が完了していない場合は、
その目標がまだ重要かどうかを自問してください。

そうでない場合は、それを手放して、
何らかの教訓を学び取り、次に進みます。
 
それでも重要な場合は、それを完了するために
どのようなサポートまたはアクションを
実行する必要がありますか?

それらの行動を2022年の計画にまとめること。


2022年末までに何を達成したいのか、
どこに行きたいのか。どうなりたいのか。

出来る限り、目標としている行動が
あなたが大切にしている価値観に
沿っている、結びついていること。

自分の大切にしている
価値観に沿った行動をとって2022年は生きたか。

リトマス試験紙となって
2022年の年末に振り返ります。


その前に、自分の大切にしている価値観である
コアバリューが何なのかを、
時間を確保して探求すること。

それが人生の羅針盤となり、
コンパスとなり、北極星となるものです。

「家族との時間を大切にする」というコアバリューを
仕事や友人との交流に時間を費やしてしまっていたり、

「身体もメンタルを健やかに、健康重視」という
コアバリューを暴飲暴食で運動不足に
なっていたりしませんか?

自分が最も大切にしている価値観、
道徳観、ビジョン、優先順位が高い価値観を
はっきりさせ、持っておくこと。



いかがでしたか?

達成できなかったからと悲観や失望、
罪悪感など抱く必要はありません。

1年間の達成、未達成だけが
ゴールではないから。
それはまだまだ旅の途中だということ。


人生で今、何が機能していて、
何が機能していないかを
より詳しく調べること。

感謝の気持ちを込めて
自身の行動を好奇心を持って
振り返ることで

今年を飛躍的に成長させる可能性を
少しでも高めることができるのでは。

昨年度の新年の記事も併せて読んでいただくと
より理解が進むかと思います。

今年を振り返り来年のステップに



おあとがよろしいよう。
今日はここまで。
おしまい。

Good virtues(グッドバーチューズ)