Blog

2021/06/16 14:00



意識を制限することで、
思考、動きも制限され、

発展性も制限され、狭い範囲内だけで
動くことを良しとする。

意識を拡大することは、
オープンマインドで、
流動的で、制限や枠を超え、
既存の視点に挑戦することをいとわない。

見えない自分と遭遇する機会と出会い、
より自分を成長させてくれる。


意識を制限するか、拡大するかによって
見える世界が大きく変わる。

見える景色が大きく変わる。
次にとる選択肢が変わる。
次にとるべきアクションが変わる。
進むべき道が変わる。

意識、選択、アクションが変われば
当然、その人の人生は変わり、運命も変わる。


意識の状態というのは、
自身の世界を見るレンズとなっている。


自分を制限し、
閉じ込めておく人生よりかは、

どうせだったら意識を広げ、成長させ、
人生を拡大させていきたいなと思う。


意識を拡大するためのコツとして、



1)瞑想



意識を高めるのに役に立つ瞑想。

瞑想は、本当の自分を思い出すことに役に立つ。

精神的な気づきへの扉を開いてくれる。

また創造性やインスピレーションも働きます。

自分の無意識に耳を傾ける。

目を覚まして、気づきを得る。

1人の時間を確保する。
静かに、目を閉じ、深呼吸をし、心を鎮めて、

純粋な自己が存在する場所へと行く。

内なる自分を探求する。
潜在意識と向き合う。

本質的には”既に持っているもの”と繋がる。

瞑想による沈黙。

その静けさ、沈黙から生まれる
内なるひらめきや直感。

それは本当の自分と再接続される。

また自分の周りの世界で
何が起こっているかに気付く。

人生のすべてにもっと気づくようになる。

精神的な能力を向上させるだけでなく、
自分が住んでいる世界を
より意識するようになります。


2)今、この瞬間を味わう



自分は何を大切に思って生きているのか。

もう一人の自分と向き合い、
潜在意識と向き合う。

潜在意識と向き合うというのは、
自分の感覚、感情、身体感覚に
意識を向けるということ。

決してスピリチュアルなものではなく、
「感覚」や「感情」を取り戻し、
自分の内側の声を聞く。

普段、何をやるにしても、無意識で、
自動操縦化され、ルーチン化されていることが多く、

「何をしているのか」
「なぜそれをしているのか」

これらをいちいち意識して何かをやるということは
本当に少なくなっています。


この「感覚」や「感情」を
取り戻す、意識を自分の内側へ向けることとして、

「今」、目の前の「この瞬間」に
生き、感じること。

過去を後悔し、未来を心配することに
時間を費やし立ち往生しない。

代わりに、今いるこの瞬間を受け入れ、
できる限り最高になるために

自分が今、やっていることに意識を向けて、
それを感じる。

自分の考えや気持ちに
意識的に注意を払う。

今、この瞬間に気持ちのチャンネルを
合わせること。

動作中、「今日の夜ご飯は何をしようか」、
「今日はあのタスクをやらなきゃ」など

全く眼前のイベントと無関係な事で
注意を散乱にせず、

今を感じ、今を味わうこと。

例えば、

・知らない土地へ旅行に行けば、
時間をかけて眼前の景色を楽しみましょう。

・食事の時は、テレビ、スマホから離れ、
食べ物を一口一口噛んで、気持ちを一致させ、味わう時間を
作ること。

・ストレッチや運動をしている最中、全く関係のないことを
考えて意識を飛ばせない。筋肉の動き、身体の動作で
どういう感覚か、その感覚を素直に感じとり、
今に意識を当てること

・シャワーを浴びる時、意識を集中させる

・料理を作る時、食器を洗っている時など。


可能な限り、自分がやっていることと、
その行動に意識、感情を集中させる。

行動と意識を一致させ、
無関係な雑念から気を散らさないようにし、

出来る限り、感覚に意識を向けること、
ただ感じること。

思考回路や脳は筋肉と同じ。
マインドジムに連れて行ってあげること。

それを繰り返すこと。

その感覚に向き合い、感じることの
日常の訓練。

その訓練が、いつしかそれが本当の自分と
向き合える訓練にもなっていて、

その蓄積が新たな道、新たな気づきを
与えてくれるきっかけになる日がくるから。



3)ストレスの多い情報ソースを抑える



人はどれだけ疲れていても、
ついついニュースサイト、アプリ、
ソーシャルメディアを立ち上げ
スマホをスクロールしてしまいがち。

不安、プレッシャー、心配、
恐怖を感じるものはすべて、
自動的に意識を低下させます。

ストレスの原因となるデジタルデバイスを
減らすために、意識的に
デジタルデトックスを行う習慣をつけること。

睡眠の1時間30分前から2時間には
寝室とは別部屋に置いておく。
アラームは百均で対応する。

夜間ブルーライトを目に
入れないようにする。

目から情報が入り、朝から
働きっぱなしの疲労困憊の脳を
無理に稼働させ、

血流、筋肉、自律神経、
ホルモンを乱れてしまうから。


4)コアバリューに基づいて行動する



自分の意識を拡大させるためには、
自分が最も大切にしている、
大事にしている価値観や
信念(コアバリュー)に基づいて行動すること。

自分の価値観を見つけて、
自分にとって何が重要かを明確にする。

それが人生の地図となり、
羅針盤となり、コンパスとなり、北極星となる。


何をしたいのかというよりも、
自分は誰になりたいのか、
こうなりたいとか、どのような人間で
ありたいのかということ。

優しさ、勇気、愛、情、
献身、思いやり、真実に生きる・・・

日中は同僚への親切な言葉での説明、
笑顔、共感、小さな思いやりのある言葉や、
スキルや時間をシェアしたりする奉仕の行為など。

別に聖人君子である必要はない。

自分のコアバリューに
沿っている行動かどうか。

それは意識の拡大の道を真剣に考えぬき
人生を拡大したいと
歩んでいる人であるということ。

より意識を高め、行動するということにおいて、
より自分の行動に責任を持ち、
自分の行動を意識するようになります。

・自分という存在の根本的な目的と価値を見ることができますか?

・自分は、これから何年も自分を支えている
人生のビジョンに従っていますか?


■自分のコアバリューに沿って歩んでいく


5)毎日好きなことをする



意識を高める最も楽しい方法は、
楽しく自分を表現すること。

本物の自分を感じ、表現すること。

例え5分でもいい。1日のうちに
自分の好きなことをする時間を作ること。

絵を描いたり、音楽を聴いたり、歌ったり、
踊ったり、写真を撮ったりしてみたりなど
自分の内なる自己、本物の自分を
表現すること。


6)新しいことを学ぶ



自分の制限をとっぱらい、
新しいことにトライし、
学び成長するチャンスを探ることで、
私たちの意識は広がります。

新しい本、普段読まないジャンル、映画、
ポッドキャストを聴いたり、
セミナーに参加したり。

未知のものを恐れることなく、
変化に対してオープンであること。



おあとがよろしいよう。
今日はここまで。
おしまい。




Good virtues(グッドバーチューズ)