Blog

2020/01/31 16:38



海外ではPMSの症状を軽減したり、気分のムラを軽減させたり、
月経の周期を整えるなど、主にホルモンバランスの調整と改善に役立つ
種(シード)を、適切なタイミングでしっかり摂取する
シードサイクリングというのがトレンドだったりする。

このシードサイクリングは科学的に根拠や
医療レベルで推奨されている方法ってわけではなく、
もちろん個人差もあるので。

ダイエット法にも近い自分でできる
ヘルスケアの1つの概念ってことね。

いずれにしても種(シード)っていうのは
一価不飽和脂肪、食物繊維、タンパク質が含まれているので、
食事に種を加えるのは良いことで、
たくさんの栄養価があるのでホルモンバランス以外でも
健康やメンタルケアにも非常に有効です。


シードサイクリングは、月経周期の前半と後半の
2期に分けられていて、摂取する種を変えていきます。


・第1期(1~14日間:卵胞期)のエストロゲンを増やす
亜麻仁とカボチャの種子を大さじ1から2杯食べる

・第2期(14~28日間:黄体期)のプロゲステロンを増やす
ヒマワリとゴマの種子を大さじ1日に1日に切り替える


これらを調整してくれる作用のある種を摂取することで、
PMSの緩和、受精率の向上、卵巣嚢胞、子宮内膜症、
PCOSなどの状態からの痛みの緩和、不規則な周期の調節、
ニキビ、イライラ、倦怠感や疲労などに
役立つとされいて、月経中、閉経前、産後、
閉経後の女性にも役に立つとされています。


第1期、卵胞期、月経初日からエストロゲンのレベルは低いところから
始まり、排卵に備えてどんどん増加していきます。

このエストロゲンレベルのバランスを保つことに
フォーカスしているのが第1期。

エストロゲンが低い時に植物性エストロゲンを含む
亜麻の種とカボチャの種を循環させます。

エストロゲンのレベルが高くなりすぎると、
これら種に含まれているリグナンが代謝してくれ、
体内から除去され、低い時には
リグナンを作ってくれます。

また、次の第2期でプロゲステロンの生産をサポートするために、
この時点で亜鉛が豊富なカボチャの種を摂取して、
備えるという意味もあります。


第2期 黄体期にはプロゲステロン値の増加が重要になります。

ゴマとヒマワリの種には、
エンテロジオールと呼ばれる別のリグナン関連化合物を介して
プロゲステロンを高めると考えられています。

またゴマにも高レベルのリグナンが含まれており、
体内の過剰なエストロゲンを解​​毒するのに役立ちます。

エストロゲン過多の状態、プロゲステロン減少状態は、
PMS、不安、にきび、気分のムラが含まれます。

この時点でヒマワリの種を食べることで
豊富なマグネシウム、B6、およびビタミンEの含有量が多く、
これらの栄養素は、プロゲステロンを増やし、
また片頭痛、乳房の圧痛の痛みを軽減し、
メンタルバランスを整えるのに役立ちます。

シードサイクリングを実践することにとよって、
他にも健康上の利点はたくさんあります。

これら4つの種子はすべて、食物繊維、マンガン、
マグネシウム、銅、チアミン、ビタミンE、および
摂取しても良い良質な脂肪酸が含まれていて、

腸内の善玉菌の成長を促進する植物ベースの繊維が豊富にあり、
腸内のこれらの細菌は、ホルモンの調節に非常に重要な
役割を果たしています。

また種の栄養源には、免疫力を高めてくれたり、
血圧のバランスをとってくれたり、
健康な身体づくりや美肌に必要なたんぱく質やミネラルが
たくさん含まれています。


ホルモン調整に役立ち、心身共に健康にしてくれる種。

他にも下記の種がヘルスケアで有名ですよね。


1.ヘンプシード

オメガ3:とオメガ6が3:1という理想的なバランスで含まれています。
9種類の必須アミノ酸すべてが揃っている良質なたんぱく源


2.チアシード

オメガ3脂肪酸の一つである『α-リノレン酸』は、
女性のホルモンバランスを整え、月経前症候群にも最適
皮膚や粘膜の機能を強くして細胞を正しく機能させる作用も。


3.ブラックシード

100種類以上のビタミンとミネラルを含む
ブラックシードよりも、栄養価の高いオイルを見つけるのは
不可能に近いでしょう。

ブラックシードに含まれるチモキノンには
強力な抗酸化作用があり、婦人科系の不調やトラブルに、
女性にとって嬉しい成分が豊富に含有されています。

ブラックシードの効果ついては下記へ


いかがでしょうか。

これらの種子を必要に応じて摂取することで
体の様々な機能をアップグレードできます。


参考になれば幸いです。


※例え健康上の利点が多いからと言って持病持ちで
医師から指定の薬と併用する時は医者から指導を仰いください。
また妊娠中はこれらはお控えください。