Blog

2021/07/06 14:00



当り前だけど人は年々老化していく。
生まれた瞬間から死に向かっている。

老化は決して病気ではない。
人間としてごく自然なこと。

老化は、血管、血圧、心臓病、
内臓機能の低下、

認知機能や身体機能の低下など
あらゆる箇所で色々と問題が出てくる。

いつまでも若くいたいし
元気でいたいですよね。

サーチュインってご存知ですか?

サーチュインは、
様々な細胞機能を調整してくれ、
バランスをとってくれる
体内にある7つのタンパク質のグループです。

SIRT-1からSIRT-7まであります。


細胞レベルで健康になって
体の代謝活動の向上、抗老化、長寿を実現する
アンチエイジング成分。

細胞から元気に、
バランスをとってくれることで、

抗老化、抗炎症、解毒、ストレス耐性向上、
メンタルバランスの平常化、集中力の向上、
代謝アップ、良質な睡眠サイクル、
ミトコンドリア生合成(DNA)などの
効果があるとされています。

体の細胞が病気で死んだり、
炎症を起こしたりするのを防いでくれるから
免疫力の向上にも役に立つ。

損傷した細胞を一掃して、
より新しく、より健康な細胞を
再生するための体に仕上げてくれる。


更には、サーチュインは、
代謝の調節、筋肉の増加、脂肪の燃焼にも
役立ち、ダイエットにも非常に効果的なことが
わかっています。

2014年のTIME誌で
「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた、
老化と寿命のエキスパート。

ハーバード大の教授デビッド・シンクレア博士は、
老化プロセスにサーチュインは
大きな役割があると示唆。


このサーチュインを活性化、
生合成させることは、
メンタルも身体をいつまでも
健康で、若々しく、生きていくためには
必須と言いずぎじゃないくらいってほど。

それだけ非常に重要なキーに
なってくる。


このサーチュインを活性化させるには
どうしたらいいのか。

それは、食事です。

サーチュインを活性化させる因子を含んだ、
栄養豊富な食品があります。

それらを食事で補給することで、
サーチュインの活性化が引き起こされます。

ハーバード大学の栄養学と疫学の
専門家であるフランク・フー教授は、

「サーチュイン活性化因子が豊富な
食べ物の摂取が、慢性疾患のリスクを
軽減するという有益な効果について、
実質的な観察証拠が存在します」と述べているほど。


サーチュイン活性化因子を多く含む
食品をsirtfood(サートフード)と呼ばれていて、

これらを取り入れたダイエットを
サートフードダイエットと呼ばれています。

サートフードを高濃度に含む食品リストは下記。

・ケール
・パセリ
・セロリ
・赤ワイン
・いちご
・玉ねぎ
・ダークチョコレート(85%ココア)
・緑茶
・りんご
・そば
・ブルーベリー
・大豆
・ウコン
・くるみ
・オリーブオイル
・コーヒー

できるだけこれら多くのサートフードを
含めるようにライフスタイルを調整することが
大事になってくる。

このリストに赤ワインがあるけど、
アルコールが入っている。アルコールは
毎日飲んでいる場合は、飲んでいない人とでは
老化速度はより早くなる。
毎日の過剰摂取は控える。

またコーヒーについても、
中毒性や依存性があるので
飲みすぎには注意すること。


他にもサーチュインを活性化させるもので
非常に重要なもの。

それはNAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)。

ニコチンとついてますがタバコじゃないですよ。


ミトコンドリア内のエネルギー生産、
細胞のエネルギー生産に
NAD +が使用されたり、

細胞内外の細胞シグナル伝達の
プロセスに関わっている
めちゃ大事な補酵素です。

サーチュインの活性化は
NAD+に依存していると言われている。

それは、サーチュインが関与する反応に、
このNAD+が使用されるから。

NAD+は加齢と共に年々減少していきます。

だから、加齢とともに
ミトコンドリアのエネルギー生産も減少する。

それはシワができ、髪が抜け、筋量が減り、
視力が低下するなどいわゆる老化現象に当たります。

NAD+、サーチュイン共に
絡み合っており、

これらは老化と密に関連しているってこと。

そこで、NAD+のレベルを高める方法として、


1)断食

ファスティング(断食)、
またはカロリー摂取量を減らすことは、

体のNADレベルを間接的に高め、
NAD +とサーチュインのレベルを増加させることが
分かっています。

とは言え、いきなり断食って言っても、
ハードルが高いし、知識がないと
過食やリバウンドのリスクも高まりそう。

まずは基本の、カロリー摂取量を減らすこと。
お菓子や揚げ物、ジャンクフードを減らすこと。
もしくは1日3食にせず、2食にしてみるなど
無理のない範囲から試すこと。


2)ニコチンアミドリボシド

これはビタミンB3という栄養素。
このニコチンアミドリボシド(NR)が

NAD +の前駆体として機能し、
体内でNAD +に変換できることが
最近の研究によって示され、

本当の意味での「若返りビタミン」ということが
分かった。


3)運動

運動というのは、私達の筋肉へ、
細胞の原動力であるミトコンドリアを
より多く生成させる。

ミトコンドリアの産生が増加すると、
体内のNAD +レベルが自然に上昇します。



4)NAD+のレベルを高めてくれる食品

・牛乳

大豆由来ミルク、アーモンドミルク、
ココナッツミルク、ヘンプミルクなど
牛乳の代替え乳はたくさんありますが、

牛乳には、唯一ニコチンアミドリボシド(NR)の量が
多いことです。

牛乳はお肌が過敏な時はニキビや炎症の原因ともなることが
分かっているので量を控える、
もしくは牛乳以外の違う方法で。

・魚

マグロ、サーモン、イワシなど
オメガ3が含まれている魚の
いくつかは、体のNAD +の豊富な供給源です。


・キノコ

アダプトゲンにも分類されているキノコ。
NAD+レベルを自然に高めてくれるキノコ。
他にも免疫力を高めるβグルカンやビタミンD。
ビタミンEの7000倍あり超強力な
抗酸化作用のエルゴチオネインなど含有している。

・緑の野菜
ほうれん草、エンドウ豆、アスパラガスなど

・全粒穀物

・アルコール飲料の削減
アルコールはNADの有効性を低下させるから注意すること。



いかがでしたか?

年々、人は老化していきます。
年齢を重ねるという事実は変えられない。

それによる色々と発生する病気を
阻止し、予防する。

老化現象のスピードを緩やかにする。

サーチュイン、NAD+。

これら知識に入れておき、
若々しく、健康を維持すること。


おあとがよろしいよう。
今日はここまで。
おしまい。