Blog

2021/07/05 14:00



このコロナ禍において、マスク、手洗い、
うがい、ソシャディなどはもちろんのこと、

自分で自衛できる1つのこととして
免疫力を高めることほど
重要なことはない。

抵抗力、防御力といってもいい
この免疫力。

低下すれば、もちろん体は
菌にさらされやすくなり、

コロナだけではなく、
あらゆるウィルス感染、細菌感染リスクが高まり、
身体が炎症する。


この免疫力を低下させない方法として

大きくは、軽めの運動、十分な睡眠、入浴、
食事による栄養、マインドフルネスなど

ストレスをフルで蓄積させずに、
規則正しい生活を試みて、

ビタミン、ミネラル、脂質、タンパク質、
炭水化物などバランス良く摂り、

心身共に健康的な生活をおくるという、

ごく当たり前のことが、
非常に免疫力を高める重要な手段となり、
マスクやうがいと同じく、
自分でできる自分次第の自己防御策です。


今日は食事による栄養素の
βグルカンという免疫機能をサポートする
成分について。

βグルカンとは、
多糖類として知られる炭水化物の分子です。

でんぷんとかと同じグループ。
ブドウ糖を含んでいる。

食物繊維に分類されるんだけど、
これがただ腸によく、お通じに良いという
程度のレベルではなく、

”免疫力の向上”という点が
非常にパワーを持っていて、
世界的にも有名な成分です。


これが含まれている食品ってのは
結構限られていて、

主に有名なのがキノコ類に含有されている。

βグルカンと言えばキノコと言うくらい。

免疫力を向上する素晴らしい
パワーを持っている。

そりゃマリオもキノコで
大きくなるって話し。

だからキノコは免疫力向上する
スーパーフードとして
アダプトゲンに分類されています。

アダプトゲンとは主に免役力を高め、
脳や心身の疲れをとって、
ストレスリリースできる植物の総称。

はじめはLAやNYのオガーニックや
ヘルスケアトレンドに敏感な女性達の間で
アダプトゲン分類されている植物、
キノコ、根、などが一気に広がり、

今ではキノコ=免疫力向上として
普及し、更に今のコロナ禍で非常に需要が
高まっている。


キノコという菌類は、

βグルカンだけではなく
ビタミンDも摂取でき、ビタミンDも
コロナの免疫力向上において非常に役立つ栄養素として
挙げられていて、
摂取できる食品が本当に数少ないから。

更にエルゴチオネインやグルタチオンと
呼ばれる強力なエイジング成分。

グルタチオンは3つのアミノ酸からなり、
人間の身体を酸化(サビ)から守り、
アンチエイジングの代表格。超強力。

更にエルゴチオネインという成分は
ビタミンEの7000倍もの
抗酸化作用があり、
ビタミンEは抗ストレスへのパワーが高い。

そのEよりもはるかに高い
パワーを保有していて、
弱った免役を向上させ精神的疲労にも役立つ。


2021年3月の最新の研究。
ペンシルベニア州立大学の

1966年から2020年までに
発表された17の癌研究を調査。

19,500人以上の癌患者からのデータを分析して、
研究者はキノコの消費と癌の
リスクとの関係を調査しました。

研究者は、あらゆる種類のキノコを
日常の食事に取り入れた人は癌の
リスクが低いことを発見。

調査結果によると、毎日18グラムのきのこ(約1 / 8〜1 / 4カップ)を
食べた人は、きのこを食べなかった人と比較して、
ガンのリスクが45%低くなりました。



βグルカンに話を戻すと、

実際に、

2015年アメリカのルイビル大学の研究によると

H5N1インフルエンザに
感染したマウスに、

マイタケ、シイタケ、霊芝、
アガリクス、チャガマッシュルームに由来する
グルカンを2週間経口投与。

感染から12日後、グルカンを投与されなかった
マウスはすべて死亡し、
治療を受けたマウスの60%は生存していました。

研究者らは、投与されたマウスは、
細胞性や体液性の免疫応答が
増強したことで、

結果、ウイルス量を低下できたと
結論付けました。


他にも、キノコ以外の
βグルカンで言えば、酵母。
パン酵母にも含有していることで有名。

豚インフルエンザに感染した子豚に、
酵母由来のベータグルカンを摂取させる研究で、

ベータグルカンを投与された豚は
されていない豚と比較して、

肺病変(呼吸器系の問題)とウイルス複製率を
低下させることができた。

研究者は「これらの発見は、
インフルエンザウイルス感染の
予防/治療薬として、ベータグルカンの
潜在的な応用を裏付けている」
と示唆しています。


他にも、ドイツの研究では
βグルカンを投与した人は、されてない人よりも
風邪の症状が25%減って、睡眠も
向上したという研究もある。



このβグルカンは、
日本でも免疫機能の向上が
最近、注目されだしてきて、
コロナにも効くんじゃね?ってことで、

順正学園免疫学研究の所長さんが
パナマ共和国とインド共和国の研究者と
共同でβグルカンの免疫増強作用が
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に
有益である可能性があると論文出されてますね。


βグルカンは、
以下のような効果が期待できることが知られています。

免疫力の向上
抗炎症薬
抗菌性
抗感染薬
抗ウィルス薬
抗腫瘍
抗酸化
抗凝固剤
コレステロール低下
放射線防護
創傷治癒


これらの効果を見て、

今、コロナ禍において、
非常に重要とされているパワーを
兼ね備えていることが、
分かるかと思います。


免疫系の話しをすれば

βグルカンは、
マクロファージとナチュラルキラー細胞の機能を
強化してくれるということ。

マクロファージとは、
体内に侵入してくる細菌などの異物を
捕食して消化してくれる、清掃屋。

ナチュラルキラー細胞とは
体内でウイルスに感染した細胞や
一部のがん細胞を駆逐する細胞です。

これらは、”免役力”という大きなくくりの
1つの大事な要素です。

これらって、もはや自分の力では
どうすることもできないコントロール不可な
ことだけど、

自分達がやれることと言えば、

これら免疫力に関係している機能が、
しっかりと悪者が侵入した時に
稼働してくれ、「勝てる」細胞として

普段からしっかりと細胞が働いてくれるよう
栄養を摂取してあげることくらいしか
できないわけ。


そこで、βグルカンを含む食品リストとして、

・キノコ(牡蠣、霊芝、舞茸、椎茸など)
・酵母(パン酵母、醸造用)
・全粒穀物(オーツ麦、大麦、小麦)
・海藻
・藻類


これらを意識することは、
今日からで直ぐにでもできること。

しっかりと細胞を活性化させて
自己免疫力をなるべく低下させないように努める。


そんなキノコの計り知れないパワーを
そのままボトルに詰め込んだ
グッドバーチューズのBr ミスト。



エブリコというキノコの種類なんだけど
50年以上生きる世界で最も長寿で、
最も大きな薬用キノコです。

この強い生命力と豊富な栄養素が持ち味。




かつてフランスの薬局方に収載され、
エリキシル剤として使用されています。

エリキシル剤とは、別名エリクサーともいわれ、
飲めば永遠の生命が得られると言われた霊薬、
万能薬を意味しています。

アイヌ人は実際にこのキノコを霊薬として崇め、
疝気、腹痛、食あたり、眼病、脚気、結核、盗汗、
火傷、創傷など万能薬として用いられてきました。

”生命のエリクサー”という別名があるほど。

最長老で最大のキノコ。
それだけエイジング効果に優れているということは
言うまでもない。

疲れて、曇ったお肌に、活力を与えてくれ、
毛穴を収斂し、お肌をピーンとハリと透明感のある
お肌へ導いてくれる。

鈍っている個所、ダメージやトラブルの個所を
再構築してアップデートしてくれる
生命のエリクサーを贅沢にお肌へ注入し、


外用としてバリア機能を高めて、外的刺激に強い、
免疫力の高いお肌にしておくことも
重要になってき、


外からも内からもケアして、
自分の細胞を、”勝てる”細胞に
育てていくことは、このコロナ禍において
必須だということ。



おあとがよろしいようで。
今日はここまで。
おしまい。





Good virtues(グッドバーチューズ)