Blog

2021/02/19 14:00




私達は、毎日の瞬間、瞬間を、
選択、決断しながら生きています。

この瞬間、瞬間の意思決定こそが、
未来の自分を形づくっている。

時には、その選択、決断、意思決定に
迷いが生じ、立ち往生してしまう。

どうしようか・・・・


そんな時、ロッキングチェアテストをしてみます。


リラックスして目を閉じてください。
深呼吸をします。

あなたは90歳まで生きたと仮定します。

最高の天気、心地の良い風、調度良い気温、
あたたかな太陽の光が降り注いでいます。

ロッキンチェアに腰かけて、座っています。
そして、あなたの人生を振り返る時間を取っていることを
想像します。

「あーあれやっておけばよかったなー」
という後悔はありますか?

またロッキングチェアに座りながら、
自分のライフストーリーを孫や子供たちに
伝え聞かせているという場面を想像してみます。

・どんなアドバイスを残したいですか?
・あなたの業績は何でしたか?

人生において、やった後悔よりも、
やらなかった後悔の方が、後悔や失望度高い
ということに気づきます。

自分が90歳になったと仮定して、

やり残したこと、やりたかったのに
やれていないこと、その時の後悔や、
その時の感情を想像します。

やらなかったことで
どのように感じますか?

不足感、不満、憧れ、悲しみ・・・・


このような長期的な視点に立ち、
未来に立って、過去を振り返ることを想像し、
そして「今」に視点を戻すことで、

「今」、自分にとって、
最良の決断が見えてくる。

それはひょっとすると短期的には
うまみがなくても、長期的には
その選択に心から満足、納得いくものだということ。

今、瞬間にやらなきゃいけない決断は、
あなたにとってどういうメリットがあるのか?
それともないのか?

90歳の未来の自分は、
後悔していないか?

周りの他人、外圧によって影響を
受けるのではなく、自分の価値観を使って、
決断できているか。

自分で自分の人生の
ハンドルをしっかりと握れているか。

・仕事を転職しようか、それとも起業しようか?
・子供の頃の夢だった歌手を目指そうか?

など、生きている間に、人生を変えるような、
難しい決断をどうしても下さなきゃいけない時や
ターニングポイント、分岐点というのがやってくる。

その際、ロッキングチェアテストは、
「後悔のない人生を送る」ということを確認できる。

これは大きな人生の決断だけではなく、
日々の小さな選択にも役に立ちます。

人はみな、リスクを嫌がる。

できるだけ安心、安全でいたい、
いつも通りの無風な平穏を望みます。

少しでも普段と変わった行動をとることが
大きなストレスになってしまう。

新しいことに挑戦することは、
コンフォートゾーン(快適な場所)から
離れることを意味するので、

新しいことに踏み出し、殻を破って挑戦し、
決断を下すことは、
間違っているのではないかと心配し、
失敗したらどうしようと臆病になり、

腰が重くなり、やはり元の位置に
留まってしまうような、いつも通りの選択を
ついついしてしまう。

そんな時はロッキングチェアテストがおすすめです。

大きな決断だけではなく、小さな決断、
小さな事、回りを見渡してみると、
たくさん見つかることはないでしょうか?

リスト化しておく。

90歳の後悔リストとして、

・もっと英語を勉強し、もっと世界を旅しておけばよかった



異文化に直に触れることで、
色々な世界の知識、見聞を広め、
既成概念をとっぱらい、

新しい物の見方や考え方、視野を広く持てれば、
まだ見ぬ自分、知らない自分に会うことに
希望を持て、わくわくし、
もっと大きく成長できた可能性がある。


・もっと運動しておけばよかった



いつも病院で、いつも薬漬け、痛い、
食べられない、歩けない・・・
不健康だと、何もできないし、楽しめない。


・もっと家族、愛する恋人と一緒の時間を
共有すればよかった



仕事や付き合いに追われ、
家族との時間をないがしろにし、
生まれた子供との時間がとれずに、
一番大切な時間を共に過ごせずに、
すぐに成長し大きくなった。


・もっと子供のころ好きだった芸術事に
時間を使っておけばよかった



目指していた歌手、目指していたバンド、
目指していた漫画家や画家・・・・
諦めてしまった。


もしこれらを達成できていたとしたら、
どんな感情ですか?

「よかった。あの時に、決心してこれをやっておいて」

どこか清々しい気持ちになりませんか?

やった結果がどうであれ、勝負に挑んだその勇気、
自分との勝負に勝ち、誇れる自分はいませんか?


視覚、音、触覚、感情、味覚、嗅覚
できるだけ多くの感覚を使用ます。
カラー、情景、状況をできるだけ鮮明にイメージします。


後悔から解放されます。


どうでしょうか?

今、選択、意思決定に悩んでいる場合、

あなたがそれをしない、
拒んでいるものというのは一体何ですか?

チャンスを逃したことを90歳のあなたは
後悔しない?

90歳の自分は、若い自分に何を伝えたいですか?

熟考してください。これから自分が行う選択を。

本当に欲しいものを探すこと。



おあとがよろしいようで。
今日はここまで。
おしまい。



Good virtues(グッドバーチューズ)