Blog

2020/10/06 14:00




あなたが持っている「恥」という感情は、
どのような時に現れますか?

今日はこの恥について。

何を恥るかという感情は、もちろん個人差があります。

この恥によって、
自分は能力が足りない、不足している。
自分には価値がないと感じさせる、自己肯定感を
下げたり、自信がなくなったりすることもあり、
ネガティブな独り言で自分を罵倒したり、傷つけたりする。

またこのような感情を隠そうとして何かへの依存症や
摂食障害に走ってしまうリスクも上がります。

この恥じるという感情は、なぜ備わっているのか。

それは、テキサス大学のKristin Neff博士曰く、
人間は、自分の欠陥や弱点を他の人に見えないようにする、
隠そうとして、進化してきました。

他者からこれらの欠陥を知られることで、
グループから追い出されることもあるから。昔の人にとって
グループから追い出されてしまうことは、それは進化的に言えば
死を意味するからとのこと。

進化の過程で形成された感情であり、
DNAに組み込まれるよう設計されていて、
人間にデフォルトで備わっています。

恥というのは、単に恥ずかしいという
気持ちのものではありません。それよりも根が深く、
自尊心、感情が深く傷つけられたような感覚で
トラウマやPTSDとなるリスクもはらんでいます。

プライドをズタズタにされるような感じ、
悲しみや怒り、無力感にも繋がります。

自分自身について非常に否定的になり、
見る世界がどんどん小さくなっていきます。

この恥という感情をまったくゼロに
することはできませんが、少なくすることはできるし
対策はある。


1)恥の起源を理解する



「この恥はどこから来たのか?」
「どのように始まったのか?」
「なぜこの恥は自分に永続しているのか?」
「今の自分の考えにどのように影響を与えている?」
「どういう考えをしている時に現れるか?」

恥がどこからきたのかを理解するために自問してみること。
恥の引き金を認識する。

痛みを伴うけど、表面化するあらゆる感​​情を
自分で感じるようにする必要がある。

それらを避けようとしたり、隠したり、それらについて
考えないようにすると、感情を閉じ込めて、
行き詰まりを感じ、回避対処(■回避行動がストレスを生む)をとるように
なってしまう。

恥という嫌な感情に没頭するということではなく、
客観視する。

恥という感情と心理的な距離をとること。

自分の経験を観察し、研究し、どうやってこの恥という
感情に至ったのか、調査する。


2)ビジョンの作成



自分が見ているビジョンを明確にすること。
このビジョンに毎日焦点を合わせる。

自分のビジョンを紙に書いて定期的に見る癖をつける。

ビジョンボードを作成することで、
ビジョンに毎日焦点を合わせ、考えや行動も
そのビジョンに合わせることができる。

このエクササイズは、より良い自己を発見し、
それに向けて取り組むのに役立ちます。

カリフォルニア州ドミニカン大学の
心理学教授であるゲイルマシューズ博士は、267人の参加者とともに
目標設定に関する研究を行いました。目標を書き留めるだけで
目標を達成する可能性が42%高いことが研究で発見されました。



3)自分を思いやる



自分を愛して、自分に優しく(甘くなれという意味ではない)、
思いやりを構築する演習の1つは、恥を感じる感覚が、
体のどこに現れるかを見つけることです。

胃、あるいは全身のしびれや痛みなど
人によってそれぞれ。次に、その個所または
心臓の上に手を置き、エネルギーを確認しながら、
自分に慰めを向けます。

怪しくバカらしく感じるかもしれませんが、
これには科学的な根拠があります。

自己批判や恥というのは、身体が脅威や不安を
感じてしまい、ストレスを負った際に
分泌されるホルモンで、コルチゾールという
ストレスホルモンが上昇してしまいます。

心に手を置いて、優しいことをやさしい声で
自分にかけてあげることで、
コルチゾール値が下がり、オキシトシンやオピオイドという
リラックス、緩和、鎮痛ホルモンが分泌されるから。


「傷つけてごめんね」、
「自分が思っているよりひどくないから大丈夫だよ」、
「人間だもの。間違いを犯すことあるよ」、
「何を感じても、自分は自分だから大丈夫だよ」



4)決定をくだす



2)のビジョンを作成に通じますが、
現在地を把握し、何があってもビジョンに
向かって移動することを決定し、決断し、誓うこと。

そして移動中は常にスムーズに進むとは限らないため、
紆余曲折あるもんだと認識しておき、
何でも処理できる、いつでも方向転換が
可能であるということを認識しておくこと。

恥と恐怖はしばしば密接に関係しています。

恥は何も怖いものではなく、自信や尊厳を
傷つけるものではない。

恥を理解すると、潜んでいるかもしれないさまざまな
恐怖に気づきます。

恐れていることについて正直になること。

恐れをひたすら書きとどめ、それを破って粉々して燃やすなり、
ゴミ箱に捨てるなりしてもいい。リリースする。

自分のこの恐れは真実ではなく、
心の断片にすぎず、勝手に想像したものだ
ということに気づく。


5)高い目的を見つける



志を大きく、おそらくは愛する人に影響を与えるような
高い目的を見つけます。より高い目的を見つけたら、
前進し、それを実現するための行動を起こしてください。


6)心を開く




恥というのは、隠し、自己否定、ネガティブな
独り言、自信やモチベ、自己肯定感を下げたり、また
他人との交流を断ち、内側へとこもり、他人を批判したりする。
閉鎖的になる。

恥に抗うことなく、恥を受け入れ、承認し、
心を開き始める勇気をもつこと。

恥によるネガティブな思考にどっぷりとハマる、
閉鎖的である自分に気づいた場合は、心を開く、
オープンマインド、オープンハートに。



いかがでしたか?


恥によるネガティブな感情や思考習慣が
増幅する前に、これらを少し頭の片隅に入れて
置いてください。