Blog

2020/07/01 14:00




「しっかりとスキンケアしているのに
こんなところにニキビが・・・」

「寝る前はしっかりと保湿もしているのに
起きたらすごく乾燥している」


それ、スキンケアではなく
単に栄養不足なだけなのかも。

お肌の調子が優れない時、スキンケアルーチンや
使用しているコスメを見直す、
ドラッグストアに直行するって人も
多いし、それはそれで間違ってはいないですよね。

でも実は、もっともっと根本的な問題で、
体に入れる食べ物、つまり食生活のせいで
バランスを崩している可能性も大いにある。

栄養素が不足して、細胞1つ1つが活動する
スタミナ、エネルギーが不足してしまい
代謝がうまくいかず、老廃物が溜まる。
脳や身体に栄養がしっかりと循環されず
自律神経やホルモンも乱れてメンタルバランスも乱れる。

口から入れるもの=美肌というのは直結しているし、
体内の炎症や不調のサインもお肌表面にモロ出てきやすく
食事によってかなり緩和できる。

お肌によい食べ物を日々意識し、
足りない栄養素を補給すれば
それだけ治りも早いし、予防にもつながる。

そこで下記にお肌が綺麗になるリストをまとめてみた。


1)ビタミンC



ビタミンCは免疫システムをサポートし、
コラーゲンの生成を促進し、
お肌のシミ、シワ、くすみをケアして
明るいお肌へ導きます。

更に体内のビタミンEと鉄の吸収を
改善するのに役立つことで、
お肌を乾燥やトラブルから守り、
バリア機能の高いお肌へとサポートしれくれます。


ビタミンCが豊富なものに
いちご、キウイ、柑橘系、赤ピーマン


・いちごのビタミンCは
どのベリー系果物よりも豊富。
ビタミンCは鉄分の吸収率を
促進してくれる。

いちごに含まれている葉酸は、
新しい赤血球を作る手伝いをしてくれ、
血流の循環を改善し、血流を増加させて
豊富な酸素を全身に与えてくれる。

この葉酸の含有量90μgというのは、
果物全86種類の中でも
第3位とトップクラスの含有量。


・赤ピーマンはオレンジの3倍の量のビタミンCが含まれており、
緑ピーマンに比べ、β-カロテンやビタミンCは2倍以上、
ビタミンEは5倍以上とも言われています。




2)セレン



セレンとは、人間にとって必要不可欠な
五大栄養素ミネラルのひとつです。

セレンは強力は抗酸化物質です。
お肌の錆びつかせて活性酸素から
守ってくれる。

錆び付きとはしわ、シミ、
キメや潤いの低下、
乾燥肌、組織の損傷の回復。

・ブラジルナッツ
・ブロッコリー
・卵
・エビ
・マグロ

などに含まれています。

卵にはセレンが含まれていて、
肌を柔らかくし、ハリと潤いを与えます。
新しい皮膚細胞の生成に役立つアミノ酸を含み、
また卵に含まれる抗酸化物質であるルテインと
ゼアキサンチンは、皮膚細胞の保護と水分補給、
皮膚の損傷を防ぐために不可欠で、UV損傷からの
保護を4倍以上高めることができるという
研究もあるほど。



3)ビタミンE



ビタミンEは、細胞の錆び付き、
損傷からお肌を保護してくれ
血行を促進し、また乾燥肌を守り保湿してくれる。

若返りのビタミンとも言われていて、
健康なお肌になるようにサポートしてくれます。
ビタミンEが豊富な食品には、

・アーモンド
・アボカド
・ヘーゼルナッツ
・ほうれん草
・アスパラ

アーモンドは全粒の穀物やナッツ類を含め、
そのままでも丸ごと食べられる食品の中で
一番のビタミンE含有量。
1日25粒で推奨される1日のビタミンE量の
ほぼ100%を提供してくれます。


アボカドはビタミンEが豊富に含まれている食材としても
有名で皮膚のバリア機能を維持し、水分の損失を防ぎ、
各種ビタミン、鉄やリンなどのミネラルも豊富に含み、
免役細胞を強化してくれます。





4)ビタミンA



皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素。
お肌のターンオーバーの促進やシミ、
シワ、たるみに効果的。

・さつまいも
・カボチャ
・レバー
・うなぎ
・ニンジン
・ほうれん草

これらにビタミンAが含まれています。



5)オメガ3



オメガ3は強力な抗酸化作用があります。
水分保持機能を高めてくれ保湿力とバリア機能の高いお肌へ
サポートしてくれる。
アトピーや乾燥肌、赤みや痒みにも効果的。

また日焼けに強い、防御力のあるお肌へとしてくれ
下記では日焼けに対する抵抗力を136%増加させたと示唆。

また新しいコラーゲン産生を促進してくれ、
くすみのない明るい素肌にし、お肌を強く、
しわのないお肌へしてくれます。

ニキビや肌荒れにも効果的で

・チアシード
・サーモン
・サバ
・サンマ


6)亜鉛



ニキビ肌の人は、体内の亜鉛のレベルが低い傾向があり、
亜鉛が豊富な食べ物は体の炎症反応であるニキビや肌荒れを
制御するのをサポートします。

下記研究では
亜鉛は、肝臓でのRBP合成と分泌に不可欠です。
重度のにきびのある患者は、軽度のにきびのある患者や同
じ年齢の健康な被験者よりも、RBPのレベルが低いことがわかりました。

また亜鉛は皮脂の量を低下させる天然の皮脂低下薬です。
皮脂は皮膚を滑らかにコーティングしてバリア機能の
役目もあるけど、皮脂が多すぎると、毛包の閉塞や
皮脂詰まりなど、にきびを引き起こす可能性があります。
亜鉛は油性皮脂の過剰生産を止めてくれると言われています。



・生牡蠣、アサリ、ハマグリなどの貝類

・カニ、イワシ、サーモンなどの魚介類

・牛肉、豚肉、鶏肉

・レンズ豆、黒豆、ひよこ豆、インゲンなどの豆類

・カボチャの種、カシューナッツ、麻の種、タヒニなどのナッツや種子

・オート麦、キノア、玄米などの穀物類



7)トマト



トマトに含まれているリコピンという成分が
コラーゲンの生成を促進してくれ、古くなって
お肌が錆び付いたり、酸化してしまうことから守ってくれ、
紫外線を保護します。
イギリスの英国調査皮膚科学会では
毎日ペーストトマトの5杯を食べた参加者は、食べてないグループ
に比べて日焼けに対する保護が33%高いことを示しました


8)ビーツ



ビーツにはビタミン、葉酸、ビタミンA、
カリウム、マグネシウムなどのミネラルなど
豊富な栄養価で新しいお肌の細胞の生成と修復をしてくれ
お肌を錆び付かせる活性酸素からお肌を保護し、
シミ、しわ、たるみ、くすみ、ニキビや肌荒れから
お肌を皮膚します。

ビーツについて詳細をFacebook過去記事でも
記載していますので、より美肌への
知識が広がります。
良かったら除いてみてください。



いかがでしたか?

「どうもお肌が調子悪いな」とか

「ニキビも増えてきたな」って時は、

スキンケアの見直しと同時に、
口から入れる食べ物も意識して、両面から
アプローチしていく。

そうすればより短期間で、効率的に、
より簡単に治療&予防ができる。

また不足した栄養価を満たすことで、
身体やメンタルバランスも整えられる。
そうなることで少しはストレスも緩和され、
睡眠の質もあがる。このように良いプラスの
スパイラルに乗ることができるのではないかな。
参考になれば幸いです。