Blog

2020/06/18 14:00





最近、物忘れをよくしがちな人いませんか?

「あれ?なんだっけ?」

「何しようとしてたんだっけ?」

ここは集中しなきゃいけないって時に、
どうもそわそわしたり、注意が散漫になっていたり。
何かに気が散ってしまい、深くまで考えられない。

うまく考えがまとまらずに、イライラ、
モヤモヤしている。

ケアレスミスが多くなる。

忘れものが多くなる。

中々思い出せない。


それ、脳霧が発生しているのかも。

字の通り、脳に霧がかかったような状態です。

モヤモヤして、イライラして、
ボーっとして、集中ができない状態。
頭のギアが重くて、重くてどうしようもない状態。

脳がとっ散らかった、ゴミ屋敷状態。

1つの考えを深く、フォーカスできずに、
他へ注意が向いてしまい、肝心なことをぐっと
掘り下げる為の集中力が欠如している状態。


ストレス、睡眠不足、栄養不足が原因で、
脳の霧が発生します。


当たり前ですが食べ物というのは
エネルギーの源です。

脳、メンタル、心臓、内臓、筋肉、
細胞、お肌の肌トラブルやアンチエイジング、
全てが繋がっていて、これら全てのエネルギーの源、
動力の根源は「食」にあります。

この脳霧は、食べ物でほとんどを
消し去ることができます。

高カロリーなジャンクフードや炭酸飲料ばかりでは
中毒性があり、違法薬物と同じ脳の経路を刺激されるので
「もっともっと」が止まらない、脳汁ダラダラで
自分が疲弊していることさえ気付かないやばい状態です。


そこで今回はこの脳霧を消し去るものを
下記にまとめてみたので参考に。


1)ウコン



アダプトゲンに分類されているウコン。
ウコンが黄色なのはクルクミンという
成分によるもので、これはウコンの主成分であり、

強力は抗炎症効果があり、
脳の健康を守り、気分の高低、
記憶機能を改善してくれます。

また下記の2014年の最近の研究では
クルクミンの抗うつ薬のような効果は、

脳の海馬でBDNFとERK(細胞外シグナル調節キナーゼ)を
促進すると示唆し、クルクミンが
脳ホルモンBDNFを刺激し、

ニューロンの機能を強化および
保護できることが示されています。

BDNFとは簡単に言うと、
脳の神経を劣化させないようにしくれたり、
成長させたり繋げたりしてくれる、
重要なたんぱく質のこと。



2)キノコ



アダプトゲンに分類されている。
キノコにはビタミンDが豊富に含まれている。
ビタミンDは健康な骨や神経系の形成を
促してくれる作用があり、

セロトニンが少ない人にとって、
ビタミンDはホルモンとして働き、
セロトニンというホルモンの分泌を
促進します。

セロトニンは落ち着き、リラックス、
静かなやる気などモチベ向上、
新しいことへの意欲、集中力向上などに関わり、
うつ病を防ぐことでも知られています。

また脳の神経細胞にあるミエリンを
増やしてくれるとされています。

ミエリンとは神経の電気信号を
スピードアップ化をしてくれ
認知、判断、決断、記憶を
スムーズに行います。

逆にミエリンが失われると、
伝達速度が遅れて多くの神経が低下した
症状が出てくる。


3)ナッツ類(特にクルミ)



クルミには脳機能を維持するのに役立つ
高濃度のDHAを持っています。
クルミはナッツ類でオメガ3脂肪酸を
最も多く含んでいます。

さらにポリフェノール、メラトニン、コリンなど
抗酸化値がナッツ類で最も高い。
他にも食物繊維、ビタミンA、B1、B6、
B12、D、E、K、マグネシウム、銅、
亜鉛、葉酸などビタミンやミネラルが豊富。

ちなみにコリンとは
記憶力と認知力を高めることができる
ビタミンBの一種です。

美肌と大いに関係もしています。
なぜかという脳の機能回復、
メンタルバランスを整える、
細胞膜を構成するのに必要な栄養素だから。

下記はコリンが豊富に含む
食品をまとめていますので
合わせて知っておくと理解がより進みます。

■健康で美肌に必要な栄養素とは
(別ウインドウで開きます)



4)ほうれん草



脳や身体の細胞を錆び付かせる
フリーラジカルから守り、脳や細胞の酸化や
炎症を抑えてくれる抗酸化物質が豊富。

軽度の認知障害のある人はルテインの状態が
低下していることが示され、
ルテインのレベルを上げると学習と
記憶が強化されることが示されています。



5)アボカド



アボカドはオメガ3、ビタミンB、D、E、
亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラルが豊富。
またビタミンEが豊富で認知機能の低下に
歯止めをかけてくれる。

亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラルは
細胞のエネルギー、スタミナ、動力に関わる
非常に重要なガソリンです。

身体全身の細胞の何百というところに、
これら栄養素が必要なスイッチがあります。

当然これらが不足すると身体がしぼんだように、
極度の疲労、睡眠不足、食欲不振、
ストレスの蓄積、倦怠感、些細な事で
ブチ切れたり、悲しくなったりと

気分のムラが極端に乖離し、
メンタルバランスが崩れる。

また注意散漫、集中力欠如にも影響し、
頭も身体もうまく回らない、
極度の疲労と貧血に襲われる。



6)サーモン




サーモンはオメガ3脂肪が豊富、そして
特にDHAが豊富で、脳や神経系の
機能を強化してくれる。

多くの研究で、加齢に伴う認知機能低下の軽減、
アルツハイマー病からの保護、
メンタルバランスの安定、
脳の認知機能の向上が示唆されている。

魚以外では、クルミ、亜麻、チアには、
体内でオメガ3脂肪酸に変換できる
脂肪酸のアルファリノレン酸が
豊富に含まれています。

 


7)豆腐



マグネシウムが豊富にある。マグネシウムは
身体の全ての組織に重要なガソリンのように
機能をする。身体とメンタルの燃料です。

筋肉や神経の興奮や緊張を鎮めてくれ、
神経、筋肉、心臓、脈拍、血液、
ホルモン分泌などが全て正常に、
健康的で、安定して維持できるようにしたり、
これらが乱れていると活性化して
くれたりという役目がある。

他にもたんぱく質や脂質などの生合成、
遺伝子合成など実に身体では300以上もの
酵素反応に関与している。
非常に重要な役割を担っています。


不足してしまうと、エネルギーが枯渇し、
当然、全身、脳が極度の疲労感に襲われ、
自律神経も乱れてしまい、睡眠に支障をきたして

睡眠障害、抑うつ、緊張、不安感が増大してしまう。
ストレスが抜けきれず、蓄積されてしまい、
慢性化してしまう。




いかがでしたか?

もし、どうも最近イライラする、忘れっぽい、
モヤモヤする、集中できないって方。
これらを少し意識してみてはいかがでしょうか。