Blog

2020/05/21 14:00



コロナの影響による自粛で自宅に長くいると、
どうしてもストレスが溜まってしまいますよね。

一部地域では緊急事態宣言が解除され、
少しづつ経済活動も模索しながら
再開してはきていますね。

首都圏など人口の多い場所はまだまだ自粛です。

自宅を快適に過ごせるような工夫の1つに
観葉植物や花を部屋に置くとういうのがある。

実際にこれはストレス軽減で科学的に
研究が出ているから。

例えば


・63人のオフィスワーカーに
机の上に小さな植物を置いて育てた人は、
そうじゃないグループと比べて4週間の終わりに計測した
不安、ストレスのレベルが低くなっていた。

・ラトガーズ大学とカンザス州立大学の研究によると、
花を受け取ることで、ストレス、不安、痛み、
うつ病を軽減し、幸福感、ポジティブな気分、
記憶力や社会的接触を高めることができるとのこと。


植物のある職場の方が、ない職場よりも
認知パフォーマンスが優れているって研究。


病室に花を飾ることで人がよりポジティブに感じ、
痛みや不安が軽減されることが下記研究で実証。



本日は、自宅にいるイライラしたストレスを少しでも
軽減できるよう、ストレス軽減できる植物を
まとめてみた。


1)ローズマリー





観葉植物としても、またアロマでも
大人気のローズマリー。心をリラックスし、
高ぶった神経を抑えてくれる作用があり、
また記憶のハーブという名前もあるほど、集中力や記憶など脳にも
効果的とされています。


2)ラベンダー




この優雅な香りは女性達の間でも大人気。
その名も「ハーブの女王」。
あらゆるスキンケアやボディーケア、
入浴剤に使用されているハーブの代表格。

ラベンダーに含まれるリナロールという
香気成分には、緊張や不安を取り去る効果があり、
メンタル疲労やイライラを抑制してくれる。
また不眠にも効果的。

2018年の鹿児島大学の研究でも
マウスにラベンダー嗅がせて迷路に入れると
嗅がせてないマウスよりも探求心が旺盛になった。

通常、マウスは迷路に入れられると不安になり
周囲を探求せず動かずにじっとしているんだって。



3)セントジョンズワート




2000年以上にわたって神経治療の
薬として使用されてきました。セントジョンズワート固有の
ヒペリシンやハイパーフォリンなどオリジナルの成分は、

抗うつ作用があり、また脳内のセロトニン濃度を
高めてくれることで、うつ症状、気分の落ち込み、
イライラなどを抑えることができる。

セロトニンはリラックスや落ち着き、モチベが沸く
ホルモンで夜の睡眠とも深い。



4)カモミール




中枢神経系の活動を緩和するように作用して
鎮痛剤および鎮痙剤として機能します。
筋肉の緊張と頭痛、不安と不眠に効果的。
カモミールに含まれるアピゲニンという成分は、
中枢神経系のベンゾジアゼピン受容体に
結合することで、抗不安や抗緊張作用、
眠気を誘発し、睡眠の質を向上してくれる


5)レモンバーム



レモンのような香りのするハーブ。
古代ギリシャでは薬草としても使われている。

レモンバームに含まれているロスマリン酸は
神経伝達物質GABAの上昇に関連している可能性があることから
不安や神経過敏、メンタル安定の作用がある



6)ジャスミン



自律神経を整え、高ぶった神経を
抑えてくれ、また停滞した神経を底上げしてくれる。
このように必要に応じて神経系をアップレギュレートまたは
ダウンレギュレートできアダプトゲンの性質を持っています。

ストレスと不安レベルを下げてくれる。
リラックス作用、鎮静作用があり、
他にも抗ニキビ、産褥乳汁分泌の抑制なども。
睡眠の質を高めてくれて、心拍数も下げる作用がある。
また痛みの少ない出産を促進してくれる作用や
出産後の回復、産後うつにも効果的とされています。



7)ペパーミント



ペパーミントの成分メントールが
ストレスホルモンであるコルチゾールというホルモンの
レベルを調整してくれる。また
脳内の少量のセロトニンを放出するのを助けてくれます。

炎症を沈め、イライラや緊張、不安を鎮静させ、
筋肉を緩和。気分を爽快にさせ、
集中力や記憶力を改善してくれる。



8)アロエベラ



ホルムアルデヒドとベンゼンなど
有害な化学物質を取り除くのを助け、
不安を減らすのを助けることができます。


9)ガーベラ



トリクロロエチレン、ベンゼンなどの有害な
化学物質を取り除き、空気を綺麗にし、
夜間に高レベルの酸素を生成する能力があります。



いかがでしたか?


自宅に長くいるとイライラも積もってきます。

自粛で持て余す時間を有効に、
気分転換でお部屋に植物を置いて、
試してみるのもありですね。

水やりの回数も頻繁になく、
手間もかからないので。

参考になれば幸いです。