Blog

2020/05/11 14:00




「塩辛いもの、甘いものをやたらほしくなる・・・」

「いつも下痢してる・・・」

「いつも疲れてる・・・」

「最近忘れっぽくなってきた・・・」

「集中力が続かない・・・」


このような悩みを抱えている方、
それ「亜鉛」が欠乏しているのかも。


亜鉛というのは、身体にとって必須のミネラルであり、
生きていく上でなくてはならないものです。

筋肉と骨中に含まれていて、他にも
皮膚、肝臓、膵臓、前立腺など
多くの臓器に存在しています。

日々細胞というのは死んで生まれてを
繰り返して再生し代謝していますが、

それを健康で、正常に働くようにしたり、
細胞間同士のシグナルの送受信を、
正常に行える情報伝達する役割が
あったりなど、亜鉛を必要とする「酵素」は、
体内に300種類以上あります。

300種類といってもピンときませんが、
ようは身体のあちこちで反応するスイッチがあり、
めっちゃ身体の代謝に関連しているってこと。

細胞にダメージを与える活性酸素を除去する
酵素の構成成分でもあります。

人間が新陳代謝するのに必要なガソリンってのが亜鉛。

人は食べ物を食べて、それを吸収して、
エネルギーに変換します。

私たちの身体のあらゆる部位で
この「酵素」が働いてくれて、
エネルギーやパワーに変換してくれています。

その酵素にしっかりと働いてもらう必要があります。
酵素に仕事をサボられたり、休まれたりされると
みんなの仕事に影響が出てきてしまう。
期日に納品ができなくなってしまうわけです。

その酵素をなんとか働いてもらう為に、
亜鉛という、ガソリンや燃料が必要で、
これが酵素の稼働力を上げてくれるって感じです。

骨代謝、蛋白代謝、糖代謝、皮膚代謝、
性腺の発育・機能保持、中枢神経系など
様々な生理機能に関与しています。

しっかりと代謝を上げ、生体リズムを整えるには
「酵素」の働きを正常化させ、
しっかりと働いてくれることが重要で、
それによって免疫力も左右するから。

その為には、酵素をサポートしてあげたり、
時には酵素の中にまじって、
自分が中心になってポジショニングしたりなど、

プレイヤーとして営業をして、統率力、
マネージメントやマーケ力も
兼ね備えている、できる上司って感じなのが
この亜鉛さんです。

この微量で必須のミネラルは
少しだけでいいんだけど、強力な
アンチエイジング成分ってわけです。

亜鉛が不足してしまうと、

味覚が変化して、より塩辛くて甘い
食べ物への渇望につながります。

他には下痢、低エネルギー、慢性疲労、 
不妊症、免疫力の低下、記憶力の低下、
集中力の低下、創傷治癒の遅れ、メンタルの乱れ、
神経機能障害、耳鳴り、不安感増、
などがあります。


亜鉛は体の隅々に張り巡らされていて、
そして体の新陳代謝に重要なガソリン機能として
作用することから、

不足してしまうと、ストレス反応が
増加してしまい、エネルギーレベルが
一気に低下し、免疫力も低下してしまいます。


すぐ風邪を引いてしまったり、
疲れが中々とれない、極度の疲労感、
メンタルがひどく乱れ些細な事で
ブチ切れてしまったり、物凄く落ち込んだりなど、
気分のアップダウンの差が激しくなります。


亜鉛は血液の赤血球の中にも入っていますし、
そして病気を引き起こす細菌を攻撃する白血球にも
亜鉛が含まれています。


もし亜鉛が不足すると、血液が酸素を
運搬する能力が低下してしまいます。

全身や脳に酸素を送り込めなくなり、
エネルギーに交換できず、体に大きな影響を
与えてしまいます。


亜鉛は、ウイルスや細菌が鼻腔内の細胞に付着して
悪さするのを防いでくれ、粘膜から体内への
ウイルスの侵入を防いでくれます。

ウイルスへの攻撃部隊として白血球は
亜鉛という助っ人にかなり依存しています。


この亜鉛が不足してしまうと、
白血球の量も減少してしまうんです。

だから強い敵がきてしまうと、
到底太刀打ちできません。

つまり免疫力も下がっている状態。

下がっている間を潜り抜けて、
「しめた!」と細菌が中に入って、
やりたい放題に暴れます。

これが風邪やインフルエンザなどの病原菌の感染です。


亜鉛や白血球が不足していると、回復力や修復力も
非常に遅くなり、創傷や菌活性から治癒して
復活する能力が著しく低下してしまいます。



亜鉛を摂取するメリットとして


1)免疫力が上がる




前述したように全身の細胞レベルで
新陳代謝を促してくれ、ガソリンとなって
身体のスタミナ、エネルギーを投下してくれる起爆剤。
白血球と一緒に細菌やウイルスなど
外的刺激とバトってくれる。戦闘力が高くなる。


2)生殖能力サポート




戦闘力が上がるってことは、当然、
子孫を残すパワーも向上する。

亜鉛は男性の場合は、テストステロンという
男性ホルモンの分泌が向上する。

女性の場合は、卵子の成長に関与していて、
卵が適切に成熟し、排卵の妨げから守ってくれる。
エストロゲンとプロゲステロンという
2つの女性ホルモンのバランスを保ってくれる。


3)抗酸化作用




亜鉛は優れた抗酸化作用を持っていて、
細胞の炎症や錆び付きから守ってくれ、
身体全体の炎症性を取り除いてくれる。

また脳へ蓄積する重金属という老廃物を
綺麗に排除してくれる作用もあります。


4)メンタルバランスを整える




亜鉛は、細胞と細胞がしっかりと情報伝達、
コミニケーションがしっかり
できるようにするのに重要な役割を持っています。

また精神安定ホルモンであり
リラックス、落ち着き、ゆとりのある心など、
メンタルが健康な状態を保つセロトニンという
別名幸せホルモンというホルモンの生成と
働きに亜鉛は必須。

メラトニンは良質な睡眠を促し、集中力、
やる気にも多いに関係しています。

うつ病患者は亜鉛レベルが圧倒的に
不足していることが分かっています。

亜鉛は脳機能にも不可欠であり、
脳内では記憶の中枢である海馬に
多く分布していることから、
学習や記憶、認知力とも密接に絡んでいます。



そこで亜鉛が摂取できる食べ物リストとして、


・生牡蠣、アサリ、ハマグリなどの貝類

・カニ、イワシ、サーモンなどの魚介類

・牛肉、豚肉、鶏肉

・レンズ豆、黒豆、ひよこ豆、インゲンなどの豆類

・カボチャの種、カシューナッツ、麻の種、タヒニなどのナッツや種子

・オート麦、キノア、玄米などの穀物類


いかがでしたか?


今、コロナウイルスで世界中で
猛威をふるっている。

信じられるのは自分だけ。

今は免疫力をとにかく下がらないように
することが最優先事項。

その方法や知識は色々と知っておいた方がいい。
後から知らなかったでは済まされないから。

とにかく今こそ亜鉛が大事で
あることは間違いない。