Blog

2020/04/20 14:33




「なんだかお肌が乾燥しちゃって・・・」

「最近、乾燥対策のスキンケアが効かない・・・」

「最近くすみが気になりだし、
美白化粧品があまり効かなくなってきて・・・」


保湿クリームもオイルもたっぷり塗って、
加湿器ガンガン炊いても追っつかない。
水分不足からくる炎症、ひび割れ、ニキビ、かゆみ・・・・

水分不足やターンオーバー不順だとお肌は荒れ、
くすみがかり暗くなりがちに。

一番寒い時期の峠も超え、これから暖かくなってきますが、
それでもまだまだ空気は乾燥しているので
油断するとすぐにお肌は乾燥してしまいます。


夏は夏で汗をかくのでなんとかなく皮膚はコーティングされているような
気がするのですが、それは気のせいで、実はお肌内部は、
夏の紫外線の強度も上がり、お肌はダメージを受けやすくて水分が逃げやすく、
お肌も乾燥もしやすくなっていて、皮脂分泌のバランスも
乱れて、ニキビや吹き出物や肌荒れになって
しまうっていうこと多々ある。

そこで下記に、乾燥肌に必要なものをまとめてみた



1)ひまわりの種





ひまわりにはビタミンEが豊富に含まれていて
100g中だいたい30~40mgほど含まれている非常に
高い抗酸化作用があります。
ビタミンEは細胞の炎症を防ぎ、
乾燥から守る保湿剤の役割があります。

お肌に潤いを与えて、乾燥を防いでくれ、かゆみ、
乾燥からくるニキビ、傷口や創傷治癒にも効果的。

ビタミンEは脂溶性のビタミンなので、
お肌の奥深くまで浸透してくれ、お肌の
皮脂になじみやすく、分泌不足から解決してくれます。
また乾燥がひどくキメが荒くなってしまっている時や
バリア機能が弱くなってしまっている時は、
それらを閉じて、水分を逃げないようにし潤いをキープしてくれます。

またビタミンEは日焼け止めとしてUV効力も高く、
強い紫外線からお肌を守るだけでなく、シミ、くすみ、
むくみ、小じわ、しわ、たるみ、色素沈着の過剰を防ぐことができます。

ビタミンEはひまわりの種以外にも、
アーモンドは約30mg、ピーナッツ約10mg、
アボガド約3mgなどが含まれています。

ビタミンEとビタミンCが一緒になると、
両方の抗酸化効果が相互連携して効果が倍増します。
アンチエイジング力が更に強化されて、
紫外線によるダメージから肌を守りながら、
健康な皮膚細胞の成長を促進します。

また、お肌の色を明るくし、
フリーラジカルの損傷を最小限に抑えてくれ
コラーゲンの生成を促進し、弾力性や
みずみずしく水分を保ってくれます。




2)キノコ




キノコに含まれるビタミンDは脂溶性のビタミンで
お肌と健康の両面でサポートしてくれます。
このビタミンDというのは、新しい細胞の成長促進機能や
ターンオーバーの正常化にも不可欠な役割があり、
ウイルスやチリ、ホコリ、大気汚染などの
外的刺激への抵抗力が上がり、バリア機能を強化してくれ、
皮膚を健康な免疫システムへと導いてくれる栄養素です。
お肌の乾燥やかゆみ、ニキビをケアしてくれます。

80人の女性を対象とした研究では、ビタミンDレベルが低い人は、
通常のビタミンDレベルを持つ参加者よりも平均皮膚水分が低く、
ビタミンDの血中濃度が増加すると、皮膚水分量も
増加することがわかりました。



日光浴で簡単に体内で合成でき摂取できるのですが
30分以上も浴びないと効力がないことからUVの心配もあり、
食事から摂取します。このビタミンDは摂取できるものが
非常に少ないことでも知られていて、その中でも魚類や
キノコは特に豊富で、手軽に摂取できるリストとして挙げられます。

紫外線を防御するビタミンDを豊富に含むリスト


最近では、LAやNYではキノコは豊富な栄養源であり
メンタルバランスも整えてくれる作用もあることから、
アダプトゲンとして大人気です。

アダプトゲンとは脳、神経系、メンタルを
強壮、鎮静し、健康的な免疫システム機能をサポート
してくれるメディカルハーブやキノコのことの総称です。




3)赤パプリカ




赤パプリカにはビタミンCの含有量はトップクラスで
非常に豊富。なんとレモンの約5倍ビタミンCがあります。
ビタミンCはお肌機能そのもののを全て高めてくれる
重要な栄養素です。水分と油分のバランスをとってくれ、
水分保持力を高め、バリア機能を強化してくれ、
コラーゲン生成を促進してくれるから乾燥や炎症、ニキビや
吹き出物、肌荒れなどのお肌トラブルを改善してくれる。

ちなみに緑のピーマンの2倍以上含まれていて
(ピーマンが76mg、赤パプリカが170mg)ビタミンEは
ピーマンの5倍など非常に栄養価が高い。

1日に必要なビタミンCは約100mg。
キウイはグリーンとゴールドがあり、
ゴールドは1個あたり161mg入っていて
1個だけで1日分必要なビタミンCが全てとれる。
なんとレモン8個分以上に相当する量です。



4)ノンデイリーミルク




ノンデイリーミルクとは、牛からではなく、
植物性ミルクで、ココナッツミルク、アーモンドミルク、
エンバクミルク、豆乳、ヘンプミルクなど。

ノンデイリーとは乳製品ではない、乳製品フリーという意味で、
牛乳の代替品として、ノン・デイリー商品はミルクに限らずに、
ノンデイリーヨーグルトなどもLAやNYでは今も人気。

植物由来なので脂質が少なく、通常の牛乳よりも味が重くなく
サラっと軽くて飲みやすい。
また植物に含まれる様々な栄養素を含んでいる。

乳製品は(チーズ、ヨーグルトについてはまだ立証がされてない)
ニキビが増えるという研究結果もあり、
また乳製品でアレルギー反応を起こしてしまう人もいることから、
牛乳に代わるものとしてビタミン、必須脂肪酸、
必須アミノ酸、良質なたんぱく質、食物繊維、
ミネラルなど細胞の炎症を静め、植物の栄養が
しっかりとれることで細胞の炎症から乾燥も防ぎ、
肌荒れや肌トラブルを解決できる



5)卵




卵白には、たんぱく質の一種であるアルブミンという成分が
含まれていて水分保持力や保湿効果があります。
また細胞の成長を促進や修復してくれるリゾチームも含有

たまごのたんぱく質は、全ての食品の中でも量と質が
最も優れていて、たんぱく質をつくるうえで大切な、
9種類の必須アミノ酸がバランスよく全て含まれている。
これらアミノ酸が不足すると角質層の水分量が低下してしまい
乾燥を招いてしまいます。角層に含まれる水分
を貯め込み、水分蒸発を防ぎ、潤いを与えてくれる。




6)葉物野菜




ケール、ほうれん草、キャベツ、
ブロッコリーなどのアブラナ科のものなど
緑りの濃い葉物は高い抗酸化作用が豊富に入っていて、
健康な皮膚細胞には必須です。

キメが乱れて炎症、水分が不足して
バリア機能の弱ったお肌にビタミンA、
更にベータカロテンやビタミンCやビタミンEも豊富で
コラーゲンとエラスチンの生成を促進してくれ、
またUVからのダメージを保護してくれます。
DNA修復に必要な栄養素である葉酸も含まれています。



いかがでしたか?
あれ?最近、乾燥肌対策何やってもいまいちだわって
思われている場合、スキンケアだけではなく、
内面からもしっかりと対策していきましょう。