Blog

2020/04/03 14:59




少しづつ日もながくなってきて、
暖かくなってきた今日この頃。

花粉&世界中で猛威をふるっているウィルス。
いったいいつまでこのウィルスは蔓延しつづけるのか。
いまだ出口の見えない状況。

こんな時、マスク、手洗いはもちろんのこと、
しっかりと自分の免疫力を高めることについて、
いつも以上に敏感に意識を向けること。

免疫さえ高めておけば、防御力が高まり
外的刺激やウィルス、あらゆる感染から
身を守ってくれるから。

野菜やフルーツの色味には、健康で、体力、知力、
身体からみなぎるエネルギーが増進する言わば、
ガソリンのような役目をしてくれる成分である
フィトケミカルが着色されています。

そして少ないカロリーで人間が必要とする
多くの抗酸化物質が含まれています。

そんな免疫力を高められる、そして
心身ともに健康増進してくれるものを
下記に色別でまとめてみました。


1)赤い果物と野菜






トマト、イチゴ、りんご、チェリー、ザクロ、ビート、
小豆、グレープフルーツなど。

赤い果物や野菜には、リコピン、エラグ酸、ビタミンC、ビタミンA、
カリウム、抗酸化物質が含まれています。

リコピンやエラグ酸などの植物化学物質は、
代謝やエネルギーを蓄え、免疫力を高め、
心臓を健康にし、また記憶力を高め、
特定のがんのリスクを低下させてくれます。
リコピンはトマトで有名ですが、スイカの方が含有量は多い。

またイチゴ、ビート、小豆などの豆類は
葉酸(ビタミンB群の一種)の優れた供給源として有名で、
葉酸は細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。

イチゴはビタミンCが非常に豊富。また鉄分も含まれています。
ビタミンCは鉄分の吸収率を促進してくれる為、
1粒で効率的に相乗効果を摂取できます。

小豆には良質のたんぱく質や豊富なビタミンB1、B2、
カリウム、リン、鉄、食物繊維など
幅広く含まれていて、赤ワインよりも
ポリフェノールの量が多く含まれているとされ、
抗酸化作用が非常に高く、細胞の錆びつきの進行を抑え、
外的刺激に強くなり、シミ、シワ、たるみなどお肌にも効果的。


パプリカは色によって栄養素に独自性があり、
特におすすめは赤パプリカ。

ピーマンの2倍以上のビタミンCが配合されていて、
免役力の強化にとって重要なビタミンAの優れた供給源です。

キサントフィルって栄養素は活性酸素を強力に除去
してくれる成分、これ赤パプリカしか入ってない。
体のさびつきを除去してくれ、免疫力を強化、
アンチエイジング力が高いので美肌、疲労回復に良いです。

さくらんぼにはたっぷり繊維が含まれているので
便通が改善し、満腹感も得られやすくなります。



2)紫の果物と野菜





プルーン、プラム、クランベリー、紫ブドウ、
レーズン、ナスなどには
抗老化特性と長寿、免疫に関連している、
抗酸化作用の高いアントシアニンや、
レスベラトロールは細胞と血管を健康に強化し、
記憶機能を高めてくれ、アントシアニンは
ビタミンEと同等の強力な抗酸化力を
持っていると言われています。



3)オレンジと黄色の果物と野菜





レモン、パイナップル、ウコン、コーン、マンゴー、
オレンジ、みかん、サツマイモ、パパイヤ、メロン、
パッションフルーツは肌の弾力性を高め、
同時に肌に自然な暖かさを与えます。これらの果物と野菜には、
神経系を保護し、目の健康を促進し、心臓病を予防することが
知られている栄養素が詰め込まれています。

ニンジンに豊富に含まれるβカロテンは、
リコピンと同じ仲間ビタミンA群。
体内でレチノール=ビタミンAに変換されるため、
プロビタミンAとも呼ばれています。抗酸化作用が高く、
またUV対策として有効です。
活性酸素の発生を抑えてコラーゲンの
生成を助けるビタミンCも。

オレンジと黄色の果物や野菜に含まれる栄養素は他にも、
ビタミンC、カリウム、葉酸、ブロメラインが含まれます。



4)緑の果物と野菜




エンドウ、ブロッコリー、ほうれん草、
レタス、インゲン、きゅうり、ズッキーニ、エンドウ、ピーマン、
キウイ、緑ブドウ、ライム、アボカドなどの緑の果物や野菜には、
葉酸、ルテイン、イソチオシアネート、イソフラボン、
ビタミンK(血液と骨の健康に不可欠)が豊富です。

またブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、
芽キャベツのようなアブラナ科の野菜特有の成分である
スルフォラファンやジインドリルメタンといった
強力な抗酸化作用があり、免疫力を強化し、
またPMSやホルモンの乱れなどを正常化してくれる作用があり、
免疫機能を高めることが示されています。

キウイについては下記にまとめています。
キウイってこんな栄養価の高いとは・・・



5)白い果物と野菜




カリフラワー、マッシュルーム、タマネギ、
キウイの内部、セロリ、さらにはバナナなどの食品は
白のカテゴリーに分類。ジャガイモも白色に分類されつつあり、
確かに澱粉と炭水化物で重くなりますが、中程度のジャガイモは
中程度のバナナよりも多くのカリウムと食物繊維、
マグネシウムとタンパク質を含んでいます。

これらの果物と野菜は、骨の健康をサポートし、
コレステロールを下げ、血圧を下げ、
心臓病のリスクを下げ、身体を内部から頑丈にしてくれます。



いかがだったでしょうか。

ウイルスに巻き込まれないようにするには
最低限の免疫力と抗体は持っておいて損はないでしょう。

まずはできるところから。

食事をする際はいつもより少しこういったものに
意識を向けて積極的に摂取していき、備えておきましょう。