Blog

2020/02/21 10:51




このストレス社会において、
湿疹や蕁麻疹患者が急増しています。

仕事、同僚や職場の人間関係、家族、友人など
なんかしらのストレスを抱えながら私たちは生きています。

少し街に出ればコンビニ、ファストフード、総菜、
高脂肪、高カロリーな食事はたくさんあります。

それら欲求をゼロにして完全に制限することは
ストイックすぎて難しいから少しづつ
自己管理していきたいところ。

不規則な睡眠、夜食、不摂生、運動不足は
ストレスが蓄積されやすく、体やメンタルなど
あちこちでバランスが乱れてきます。

こういったことが原因で自己免疫力も低下し
湿疹、蕁麻疹、痒み、肌荒れ、ニキビ、乾燥、シワなど
お肌のトラブルも起こりやすくなります。

そこで今回はこういったお肌のトラブル、
とくに痒みや湿疹などに効果的とされる
リストを下記にまとめてみた。


1)ウコン





インドでは何千年もの間スパイスや薬草として使用されてきました。
中でもクルクミンという成分はウコンの主な有効成分です。
強力な抗炎症効果があり、非常に強力な抗酸化物質です。
また肝臓の解毒作用を改善し、消化管の炎症を抑え、
皮膚を鎮静させてくれます。




2)カレンデュラ







痒みの炎症が発生する原因の2つの酵素
(COX、5 LOXという名前の酵素)と、他にも
炎症時にシグナルが発生される(TNF-alpha)を
阻害してくれます。

一般的な抗炎症薬であるアスピリンという薬は、
どうやって炎症を抑えているかという
この酵素の1つ(COX)を標的としているんです。

カレンデュラは、皮膚に適用すると、
抗炎症、栄養を与えて治癒効果を促進してくれる効果があります。




3)ティーツリーオイル





オーストラリア先住民アボリジニは伝統的に使用。
テルピネン-4-オールなど、特定の細菌、ウイルス、
真菌を殺すことが示されている化合物が多数。
2013年のイランの研究によると
抗炎症、抗菌、および油中の創傷治癒特性。
皮膚の乾燥とかゆみを和らげ、感染を防ぐのに役立つことが
分かりました。




4)ハチミツ






ハチミツには植物化学物質、フラボノイド、
アスコルビン酸などの抗酸化物質がたくさん含まれていて、
傷を癒し、免疫システム機能を高めるのを助てくれ、
ウイルスや感染症と戦うのをサポートしてくれる。




5)ココナッツオイル






お肌の乾燥から守りまた皮膚炎や皮膚トラブルにも有効で
2013年の研究では8週間コナッツオイルを子供の皮膚に塗布した結果、
47%の人が、より良いミネラルオイルよりも湿疹の症状が
大幅に改善したことに気づいたとのこと。




6)オートミール







ミネラルや植物繊維が多い栄養価の高い穀物。
カルシウム・鉄分・ビタミンB1・ビタミンEなども豊富に含んでいます。
植物性たんぱく質は玄米の約2倍。
赤ちゃんのおむつかぶれやボディーケアにも最適。
オートミールをパンストやガーゼでしっかりと巻いて
輪ゴムで止めてお風呂に入れたり、洗面器に入れて揉み込む。
中からオートミールのエキスが出てきて、
乾燥したお肌や肌荒れ、痒みのあるお肌を鎮静します。

2015年オートミールによって抗炎症、
痒みへ有効であると研究結果が






7)りんご酢(アップルサイダービネガー)






抗炎症力が高く、大腸菌、黄色ブドウ球菌、カンジダなどの
細菌と戦ってくれます。

またリンゴ酢は、α-ヒドロキシ酸に似たリンゴ酸が豊富。
古い皮膚細胞や角質を落としてターンオーバーを促進
してくれる作用があり、古い細胞や毛穴の詰まりを防ぎ
肌荒れやニキビなどのお肌トラブルを防ぎます。
また肌のメラニン生成を減少させてくれる作用もあり
顔色を明るくしてくれます。





8)サルサパリラ





サルサパリラは、血液中の老廃物や毒素を浄化してくれ、
肝臓の解毒消化機能を高めます。また
湿疹と乾癬にも効果的です。抗ストレス効果があり
細胞の錆び付きやフリーラジカルを除去してくれます。





できるだけ薬の服用やステロイドを使用せずに、
自然の力で症状を穏やかにさせていきたいところですよね。

よほどきつい時は病院で薬を処方してもらってください。