Blog

2020/02/19 15:13



東洋医学で何千年も前から使用されている薬用キノコ。
菌パワーが凄いということで西洋でも取り入れられはじめ、
今ではそれらアダプトゲンというワードが脚光を浴びはじめ
NYやLAのヘルストレンドに敏感な女性達の間で一気に
その地位を獲得しました。

■アダプトゲンについて


昨今のストレス社会、健康志向、マイドフルネスの重要性が
今まで以上に叫ばれている。

そんな中アダプトジェニックな植物のニーズが急激に
高まってきているのは当然で、なぜなら抗疲労、
脳疲労の回復ブースターとして、またはホルモンや神経系のバランサー、
抗酸化物質の塊りとしてなど様々な
メリットを提供してくれるから。

そこで、キノコの優れた点を以下にまとめてみた。

1)ライオンのたてがみ




脳、心臓、腸に有益な効果をもたらす生理活性物質が含まれていて
脳細胞の成長を刺激できる2つの特殊な化合物ヘリセノンとエリナシン。
これら脳の健康に対する有益な効果があり、認知を改善。
記憶力、集中力を高め、不安やイライラを軽減してくれる。

2)チャーガ





免疫システムを促進および調節。
高い抗酸化作用でシミから癌までを引き起こすフリーラジカルから
全身の細胞を保護します。
ベツリン酸、エルゴステロール、およびイノトジアを含む
抗炎症剤として作用します。

3)霊芝





古くから漢方で使われている真菌で抗炎症、免疫調整作用や
解毒や脂肪燃焼効果がありダイエットにも効果がある。
最近ではトリテルペンという成分が不安を軽減してくれうつ病にも効果的とされ
そして神経系を鎮静させる効果はより良い睡眠を促進してくれる。


4)カワラタケ





一般的にターキーテールと呼ばれます。
免疫系を活性化してくれるPSKと呼ばれる化合物や
最近ではコリオランと名付けられた抗腫瘍性多糖など、
多くの薬効成分が含まれていて、PSKは実際に
日本で承認された抗がん剤です。

5)シロキクラゲ





シロキクラゲ科シロキクラゲ属のキノコ。主に日本と中国で食用とされている。
免疫強壮剤としての使用、気管の拡張や喘息や咳を止め、
デトックス作用により肝臓の疲労をケア、利尿作用、老廃物の除去など。

6)ヤマドリタケ






香りが良く、「ポルチーニ」としてイタリア料理、
ポーランド料理など、ヨーロッパでよく使われる。
抗腫瘍特性を持つキノコとして珍しく、腰痛、脚の痛み、手足のしびれに
民間薬として使用されています。

7)しいたけ






シイタケは、免疫システムを強化するだけでなく、
アメリカ癌協会によると腫瘍の成長を遅らせると考えられている
レンチナンを含んでいる。

8)アミガサタケ






アミガサタケはモレルとも海外では呼ばれています。
フランスやイタリアなど欧州では食用キノコとして珍重され
鉄とビタミンBが豊富です。ガラクトマンナンとして知られるこの化合物には
免疫を高める効果があります。また抗腫瘍および抗ウイルス効果、
抗ストレスなどの薬理効果があります。


9)イヌセンボンタケ





集団で現れ妖精のパラソルや傘のようで名前も
Fairy Inkcap(フェアリーリンクキャップ)と
呼ばれています。フェアリーは妖精って意味ですね。
アポトーシス(細胞の自然死)の調節に関与する重要な
タンパク質であるカスパーゼを活性化してくれ
癌細胞の増殖を阻害をサポート。アポトーシスを誘導してくれる。



どうでしょうか。不思議ですよね。
キノコってまだ未解明なことが多い不思議な「菌」なんです。
これからも研究で色々メリットのある効果が発見されたらいいな。

そんなたくさんのメリットを私たちに与えてくれるキノコのエキスを
ふんだんに利用した下記の商品を試してみる価値は大ありかと。

Brミストトナー