Blog

2020/02/03 15:57




便通が良いのと悪いのとではまるで別人のように体調が違う。

便が溜まってるということは老廃物が中々外へ

出し切れていない。

だから不要な物がどんどん蓄積されていき

お肌や体調がどんどん悪くなっていく。


腸と脳というのは繋がっていて、
腸は第2の脳と言われています。

自律神経がもろに影響する。

過度なストレスは脳から腸へシグナルが送られます。
また逆もしかりで、シグナルが腸から脳へと送られます。
これにより下痢や便秘などの便通異常をきたします。

幸福ホルモンと呼ばれているセロトニンの約90%は
腸で作られています。

この腸力が弱ると、当然セロトニンの分泌も低下するし
ついイライラしたり不安になったり、
ストレスを抱えやすくなります。

また過度なストレスや緊張状態、運動不足、高脂肪食、
不摂生、不眠など腸内の善玉菌のバランスも悪く、
悪玉菌が増殖していますし、便秘や下痢もひどくなってしまいます。

また胃腸が弱ると消化してくれる
粘液が充分だされないので、効率よく栄養をとりきれずに、
バリア機能も弱り消化も不良に。

そこで、便秘に良いとされる物を下記に紹介していきます。


1)ゴマ:


ゴマの油性成分は腸を保湿する働きをします。
これは、乾燥した便が問題である場合に役立ち、便秘を緩和します。
またセロトニンを増やすために必要なトリプトファンや
アルギニンなど抗ストレス作用のある成分も含んでいる。


2)モラセス:


砂糖の副産物。黒蜜とハチミツのミックスしたようなもの。
ビタミンとミネラルが豊富に含まれていて、
マグネシウムは便秘の緩和に役立ちます。


3)ミントまたはジンジャーティー


ミントには、消化管の筋肉を弛緩させる
メントールが含まれています。またジンジャーは、
体内の熱を多く発生させる温かくし、代謝をあげてくれるハーブです。
どちらも消化をスムーズに行えるようサポートしてくれます。


4)オリーブオイル、ナッツ、アボカド


これらオレイン酸が豊富で腸の働きを活発にし、
さらに腸の潤滑油としても働きます。またナッツ類は
食物繊維が豊富であり、すべて体に良い健康な脂肪が
含まれています。腸を滑らかにし、便秘を緩和してくれます。
シンプルな野菜サラダにナッツやアボガドも追加し、
そこへオリーブオイルをおかるだけでOK。


5)レモン水


レモン汁に含まれるクエン酸は、消化器系の刺激剤として作用し、
体から毒素を洗い流すのに役立ち、便秘を緩和します。
レモンを買ってきて絞るだけなので手軽です。


6)レーズン


スタンフォードチルドレンヘルスによると、
レーズンには酒石酸と食物繊維が含まれていて、
腸内環境を改善するフラクトオリゴ糖も含まれています。
これらの組み合わせは天然の下剤効果があると言われています。


7)プルーン:


水溶性の食物繊維が豊富で、フェノール化合物は
腸を刺激し、腸の収縮を促進してくれます。




ただの便通と侮るなかれ。
便通の良し悪しは、お肌、髪ツヤ、体全身のバランス、
メンタルバランスにも深く関わってくる重大な問題です。


これらに少しの運動も加えて
ストレスケアをしながら少しづつ改善していきましょう。